新卒者や若者が就職活動をする時は、会社の就職ガイダンスへの参加が第一歩になります。納得のいく就職活動を行うために、避けては通れないポイントになります。一般的には、大学生の場合まずは学校で行われる就職ガイダンスに参加します。就職試験や就職活動について、大まかな説明を聞いたほうが無難です。最近は新卒者の就職内定率がとても低いといった背景もあります。

学校側も積極的にガイダンスを行って、学生たちが少しでも就職しやすいようにさまざまなことをレクチャーしているようです。学校主催の就職ガイダンスは、就職活動の概要知識のようなものです。大まかな説明ということが多く、個別に就職試験に関する内容を指導してくれるわけではありません。企業から採用内定をもらうために、これから何をしなければいけないのかを就職ガイダンスで知ることができます。就職活動とは何をすることなのか、ガイダンスに行くことでわかることもあるでしょう。

大学によっては、面接試験の心構えや、就職活動をする時に覚えておきたいマナーなど実践的な知識をガイダンスで指導するところもあります。就職活動に関する専門的な知識を持つ人を呼んで、面接の試験対策をしてもらうという学校もあるようです。もし学校で就職のガイダンスがあるようであれば、参加してみるのもおすすめです。