面接のマナーについて

| 面接 |

転職活動中の面接では基本となることろで大事なことがあり、重要視されるのは職歴や転職理由ばかりではないといいます。社会人として、最低限のマナーが守れているかどうかです。転職活動おいては案外みられることになり、面接官に与える印象はマナーのひとつひとつは細かいことではあるますがかなり変わってくるでしょう。

 

どんな常識を持っているか、清潔感のある服装、表情や立ち振る舞いなどが面接でマナーとしてみられるのが一般的です。身だしなみは面接での転職の成否を左右するほど重大なものです。清潔感のあるものを心がけましょう。カバンや靴にも気を付けて、服装は基本的に落ち着いた色のスーツにします。ヘアースタイルは寝癖を直してカラーをするのはやめたほうが良いでしょう・重要なのは面接のときは姿勢ただしくまっすぐに腰をかけ、ハキハキとした口調で受け答えをしましょう。

 

緊張すると必要以上髪を触ったり、貧乏ゆすりなどの思わぬクセが出ることもあります。自分がどんなクセを持っているか分かっていれば、治すのは難しくても対策を考えることができます。他にも大切なのは、ドアの開閉は静かに、入室はノックをしてから、椅子に座るのは声をかけられてからといった基礎的なものです。携帯電話の電源は忘れずに切っておきましょう。面接を受けるときにちょっとした配慮が転職活動の成功につながるでしょう。